市役所リンク

■松戸市■利便性が高く、活気があり、快適に暮らせる住宅都市めざし、一貫した計画行政を推進。基本構想(目標年次:2020年)の前期基本計画(~2010年)では、水とみどりと歴史の回廊づくりなど5つのリーディングプランを推進。河川整備に取り組み、「次代を担う子どもたちのふるさと・緑・花・清き流れの松戸の創生」をめざす。
 
■柏市■県北西部、東京都心から30キロメートル圏内、利根川と手賀沼に接する。交通の要衝にあり、広域商業核の機能とともに、文化・アミューズメント機能が集積、「商都・柏」とも呼ばれる。東葛テクノプラザ開設や東京大学進出など、産業振興面での新展開も。
 
■流山市■駅に沿ってまちが形成され、市の中心核がない。流山電鉄・流山駅に公共施設、東武・江戸川台駅に商業集積が進み、武蔵野線・南流山駅にはマンションが多い。各地域のシンボル・文化財・自然空間などの特色を活かし、住民の理解と協力のもとに進展させながら、都市基盤整備を推進。
 
■野田市■県の北西部、利根川と江戸川に挟まれた平地で、江戸時代初期から醤油醸造のまちとして栄え、醤油の香りが漂う「醤油のまち」のイメージが定着しているが、首都近郊型の農業も盛ん。また産業構造の転換が進むとともに、近年は住宅都市としての性格が強くなっている。